マージンコールとは

マージンコールとは、自身の投資した金額(証拠金)に対して、一定の割合を下回る損失額になるとアラートが届くシステムのことを指します。

この一定の割合のことを証拠金維持率(ロスカットレベル)と言い、この割合は各取引会社によって定められています。
一般的には証拠金維持率50%を下回ると、マージンコールがかかるケースが多いです。

マージンコール自体には特に制約がありませんが、そのまま含み損が多くなりさらに証拠金維持率が低くなると、ロスカットに至るケースがあります。

ロスカットとは強制的に取引が精算されること。
つまり、マージンコールがイエローカードだとすると、ロスカットはレッドカードのようなものですね。

ロスカットされる前に、証拠金を追加で入金するか、持っているポジションの一部を先に決済して、証拠金維持率を引き上げるようにしましょう。

FXの場合はレバレッジがかけることができるため、投資した金額以上のお金を取引できます。
その分利益だけではなく損失も増えてしまうことから、ロスカットのように損失を大きくさせない仕組みが働いているのです。

TOP >  基礎用語編 > マージンコールとは