証拠金/証拠金維持率とは

証拠金とは、取引するFX会社の口座に振り込んだお金のことを指します。

なぜ証拠金と言うのか、それは、その口座にあるお金を担保として何倍ものレバレッジをかけてお金の取引ができることから由来しています。
FXが日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれるのもそのためです。

この証拠金はFX取引会社によって最低金額がそれぞれ定められています。
最近では最低数千円の会社もありますので、ホームページ等でご確認ください。

では証拠金維持率とは何でしょうか?

これは、ご自身が振り込んだ証拠金の何%まで減ったらロスカット(強制精算)するか、という指標の割合です。
なお、証拠金維持率のことをロスカットレベルと呼ぶこともあります。

この証拠金維持率は各取引会社によって別々に定められていますが、一般的には50%を下回るとマージンコール、30%を下回るとロスカットされるところが多いようです。

仮に1万円振り込んだとして、その1万円で米ドルを買ったものの円高が進み、損失が証拠金維持率50%=5,000円を下回った時点で強制的に自動精算されるということです。

FXはレバレッジにより投資額以上の金額を取引できるため、利益も損失も大きくなってきます。
リスクも高まる分、こうしたシステムがあることで投資額以上に損失を出さずに済んでいるのです。

TOP >  基礎用語編 > 証拠金/証拠金維持率とは