FXで負ける人の特徴とは

FXにおいて勝つ人がいれば、負ける人もいます。
負ける人というのは概ね特徴が一致しているので、いくつか負けパターンを紹介します。

短期の足しか見ない

トレードスタイルによって見るチャート種類が異なりますが、特にスキャルピングやデイトレードを行う人は、ついつい1分足〜30分足程度しか見ない人が多いです。

しかし、今時点で上昇傾向であっても、日足で見たら下降トレンドの中で一時的に上昇しているのに過ぎないことも多々あります。
そんな中、ロング(買い)に走るよりは、天井に来たと判断するまで待ってショート(売り)を行った方が確実です。

今その場の判断だけで売買するのではなく、長期的なトレンドを把握するようにしましょう。

売買しないという判断ができない

FXをする時間はどうしても限られています。だからいざチャートを見始めたら、なんらかポジションを持ちたくなるのが常。

しかし、FXには「ポジションを持つべきではないタイミング」があります。
例えば、なんらかの経済指標が発表されてチャートが乱高下しているタイミングだったり、揉み合いによりどっちに動くか判断できない横一直線の時だったり。

このような時に手を出すと、ほぼ間違いなく火傷してしまうのです。
誰かが円を買えばチャートは下降し、誰かが売ればチャートは上昇するのがFX。
明らかなトレンドが見てとれない時には、売買すべきではありません。

それなのに、機会損失だと思い込んでついついポジションを持ってしまう人は、FXでは負けてしまいます。
打席に立たないと判断することも、FXで勝つ上での重要な判断です。

資金やスプレッド、ロスカットの基準などを把握できていない

FX会社が提供するツールでは、lot数を決めて簡単に発注できてしまいます。
自分がどのくらい金額を持っているか、今のスプレッドはどのくらいかを考えなくとも、持てるlot数を超えていればエラーが出て発注できないので、資金について考えなくとも大丈夫なようになっているのです。

しかしそこに落とし穴があります。

ここで、一つ不幸な事例を紹介します。
資金が10万円ある人が、スイスフラン/円の取引をしようと考えていました。
1CHF=110円だとすると、レバレッジ25倍で250万円、250万円÷110円=2.2lot購入できると踏んで、2.2lot発注。

すると、発注した途端に決済。
何が起きたか分からず、もう一度発注。
そうしたらまたすぐに決済。

見たら残額が8万円まで落ちていたのです。

何が起きたのでしょうか?
実は使用していた取引会社のロスカット基準が証拠金維持率が100%切ったらロスカットとなるシステムだったのです。
スイスフランのスプレッドが9pipsとかなり大きなスプレッドになっていたため、発注した段階で1,800円のマイナスからスタートするという状況でした。
そこで、資金ギリギリのレバレッジで発注をかけたら、いきなり証拠金維持率が100%切ってしまいロスカットとなってしまったのです。

自分の資金がどのくらいあって、どのくらいの発注量だと含み損何円まで耐えられるか、しっかり把握をしていないとこのようなことが起きてしまいます。

過去の勝った経験を引きずって調子に乗ってしまう

トレンドが一方方向に進んでいる時は一度に数十pips取れたりすることもあります。
そのような時に調子にのってしまうと、勝った経験が引きずってしまい、次も勝てると思い込んでしまうものです。

急にトレンドが反転しても、「また戻ってくる」と強く信じていると、気付いた時にはロスカットとなるケースもよくある話。
一定のタイミングを超えたら、かならず早めに損切りしましょう。
負ける人はほとんどが損大利小です。

以上が負ける人に多く見られる特徴です。
負けないためにも、しっかり自分の意志を強く持つようにしましょう。

TOP >  FXの始め方 > FXで負ける人の特徴とは