スリッページとは

スリッページとは、注文時にどの程度の誤差まで注文金額を許容できるか、という許容範囲です。

FXはオンライン取引でリアルタイムに為替レートを反映し注文します。
しかし、注文したタイミングと実際に成約するまでには多少の時間差が発生してしまうものです。

例えば1$=100.00円の時に注文ボタンを押したとしても、急激な為替の変動により成約したタイミングでは1$=100.06円になってしまうケースもあります。

この時にスリッページを仮に0.5pipsまでと設定していると、1$=100.00円の注文に対して1$=99.95円〜100.05円までは誤差の範囲として注文を成約します。
しかし、上記例のように1$=100.06円となってしまうと、スリッページで設定した範囲を超えてしまいますので、注文は不成立となるのです。

スリッページの範囲は取引会社によって設定可能な範囲は異なりますが、基本的には0.1pips単位で設定可能です。
特にスキャルピングでトレードをする場合は、たった1秒のタイミングが重要になってきますので、あまり大きなスリッページを設定しているとタイミングによっては損失が出る可能性があります。
逆に狭いスリッページを設定すると、為替の動きが早い時はなかなか注文が成立しないこともあるので注意が必要です。

ロスカットと同様、不要な損失を出さないようにスリッページはしっかり活用しましょう。

TOP >  基礎用語編 > スリッページとは