ナンピンとは

ナンピンとは、持っているポジションの通貨が予想に反して値動きし利益がマイナスになった際に、さらに買い増しをすることです。

これだけだと何のことかさっぱりだと思いますので例を見てみましょう。

【ナンピン例】
1$=100円の時に1,000ドル(100,000円分)購入したとします。
しかし、市場の値動きにより1$=90円になりました。

通常だと含み損が大きくなる前に損切りして売ってしまうものですが、ここでさらに追加でナンピンで1,000ドル(90,000円分)を購入します。

そうすると、合計190,000円で2,000ドル買ったことになります。
これは為替レートで言うと、1$=95円の時に2,000ドル買ったのと同じことになりますね。

こうして平均取得単価が下がることで、1$=100円が1$=90円まで大きく円高になった分の損失を和らげることになりました。

もちろんこの後円高が進み、もし仮に1$=85円になってしまうものならさらなる損失になってしまいます。

反対に、1$=110円まで円安が進んだらどうなるでしょうか?

2,000ドルを売ることで220,000円を手に入れることができ、30,000円の利益が出ます。
もしナンピンしなかった場合は、10,000円の利益となるので、その差は大きいです。

しかしながら、FXにおいてナンピンはかなり危険な手法として位置づけられています。
上記の例のように円安→円高→円安となったから良いものの、円高がさらに進行すれば損失額は当初の比ではなくなってしまっていました。

どうしても初心者は負けた分を取り返そうとサンクコストに縛られがちで、このような手法に手を出してしまいがちですが、よっぽど根拠がない限りはナンピンすることは避けましょう。

TOP >  基礎用語編 > ナンピンとは