FXと株の違い

投資の初心者にとって、FXと株どちらに手をだすべきか悩ましいものです。
ここではFXと株の違いについて説明していきます。

選ぶ銘柄の種類

株は上場している株式会社の数だけ銘柄があり、どの会社の株を買うか選ぶ必要があります。
しかしFXでは選ぶ銘柄(通貨)のパターンはせいぜい20種類のみです。
取引する通貨によって市場の時間が決まっているので、自分の生活スタイルとその通貨の景況を見ることで自然と選択する通貨は絞られてきます。

選択肢が少ない分、FXの方がとっつきやすいと言えるでしょう。

取引時間

株式市場が開かれているのは、平日の朝9時から11時30分と、12時30分から15時までに限定されています。
ネットの注文自体は24時間行われますが、市場が開かれていない時間帯に注文したものは、実際には翌営業時間に売買が行われることになります。

しかしFXの場合は24時間常にどこかの国の市場が開かれているため、24時間取引が可能です。
ただしどこの国で市場が開かれているかによって値動きなども変動してくるので、どの市場をターゲットにするかを注視する必要があります。
ご自身のライフスタイルに合わせて、取引する市場を決めても良いでしょう。

株と比べるとFXの方がフレキシブルに対応可能です。

取引する金額

株は購入する銘柄によって変動しますが、1株数十万円〜数百万程度必要になってきます。

対してFXの場合は購入する対象が通貨のため、最小単位は1通貨となります。
ただし、これには取引するFX証券会社により制限があり、ほとんどの場合1千通貨から取引を可能としているところが多いです。
中には「SBI FXトレード」のように1通貨から取引可能としているところがあるので、それらの証券会社を選択することで少額からの投資を行うことができます。

また、FXの場合はレバレッジをかけられるので、投資金額の最大25倍の金額で取引を行うことができ、少ない資金で大きな損益を出すことも可能です。

値動きの大きさ

株を言い換えると「会社の値段」のようなもの。
会社の値段は会社の状況に応じて大きく変動します。また万が一倒産してしまうと価値はゼロにもなりうるのです。

FXでは通貨を取引しているので、通貨の価値がゼロになることは世界経済が破綻しない限りほとんど起きることはないでしょう。
値動きも株価に比べるとかなり穏やかです。

株の場合はハイリスクハイリターン、FXはローリスクローリターンとも言えます。

外部からの介入

株価は会社の売上等に応じて変動しますが、政府からの介入を受けることは基本的にはありません。
好きな会社があれば、そこの会社の情報を集め、また関連業種の動きを注視していれば、ある程度株価の動きを予測できます。

FXの場合は扱うものが通貨であるため、その通貨の国に財政状況等によって変動し、政府からの介入を受けることがあります。
例えば日本でも、日銀を通じて政府が円売り介入行ったりも実際にしており、それにより値動きも起こっています。
政府や各種法案の動きをしっかり把握しておいたほうが良いでしょう。

TOP >  FXって何? > FXと株の違い